会津産オタネニンジンを使った「ピンピンころりカレー」ゆるキャラ「おたねくん」下北沢カレーフェスに登場!

ピンピンころりカレーを使ったメニューとおたねくん

2019年10月10日から22日まで13日間にわたり開催される、『下北沢カレーフェスティバル2019』 。いよいよ開催まであと1週間となりましたが、福島県会津美里町からカレーフェスに関するリリースが送られてきました。

会津産の高麗人参を使った「ピンピンころりカレー」の期間限定レストランが「下北沢カレーフェスティバル2019」に登場!会津のB級グルメ「カレー焼きそば」や、「カレーライス」「カレーパン」を提供
~ 健康長寿を願う「ゆるキャラ おたねくんのフリーハグキャンペーン」も開催 ~

リリースによると、会津産オタネニンジンを使ったカレー「ピンピンころりカレー」を使ったカレーが『下北沢カレーフェスティバル2019』で食べられるとのこと。そもそも、オタネニンジンってなに? と思ったわけですが、リリースによると、

オタネニンジン(高麗人参)は、滋養強壮、血流改善などのあらゆる健康効果があるとして、古くから漢方薬を中心に一部サムゲタンなどの食用としても用いられています。会津地方は、江戸時代からオタネニンジンの栽培が始まり、現在も生産が続いている国内有数の産地の一つです。オタネニンジンは、直射日光に弱いなどのデリケートな部分もあり生育の条件が厳しく、収穫までに平均で4~5年を要するなど生産コストが高い側面もありますが、それだけ生産者の手間暇が込められた稀少な食材です。

オタネニンジン
オタネニンジン

とのこと。あー、高麗人参のことなのですね。そんな、オタネニンジンを使ったカレーが「ピンピンころりカレー」なのです。なんだか、めっちゃ体によさそう。

ピンピンころりカレー
ピンピンころりカレー

そんな、「ピンピンころりカレー」を使ったカレーメニューは、MAP No.9「Pizzalina」さんと、No.11「下北沢第二休憩所」でいただくことができます。

Pizzalinaさんの「ピンピンころりカレーの窯焼きカルツォーネ」
Pizzalinaさんの「ピンピンころりカレーの窯焼きカルツォーネ」

Pizzalinaを運営する株式会社シェフズバンク 代表取締役 桑原大輔 様、調理開発責任者:児玉大介 様 のコメントも紹介します。

 会津美里町とは、8年以上のつながりがあり、今回、新商品であるレトルトカレー「ピンピンころりカレー」を使用した新商品開発に取り組みました。イタリアンにはカルツォーネという包み焼きピッツァがあり、ピッツァのトマトソースの代わりに、「ピンピンころりカレー」はどうだろう?と、商品化プロジェクトを立ち上げました。「ピンピンころりカレー」の独特な苦みやスパイシーさ、牛肉の旨みを変えずに、濃度を出す方法に苦労しました。
 カルツォーネとの相性を考え、生地の包み方、厚み、焼き加減などの調整を行なっています。「ピンピンころりカレー」の独特なほろ苦さと、生地の旨味、中のモッツァレラチーズとのマリアージュを楽しんでいただければと思います。出来立て熱々で召し上がっていただくのが、一番美味しいお召し上がり方です。

一方、 下北沢第二休憩所で提供されるカレーは、会津B級グルメ「ピンピンころりカレー焼きそば」と会津名物スパイシーな味わいの「ピンピンころりカレーパン」です。

「ピンピンころりカレー焼きそば」
「ピンピンころりカレー焼きそば」

オタネニンジンの苦みと牛肉の旨味が醸し出す絶妙なカレーの味と会津地方のちぢれ麺、甘みと旨味が強く濃度のある焼きそばソースとの相性は抜群です。ピンピンころりカレーと焼きそばのマリアージュをお楽しみください。​

「ピンピンころりカレーパン」
「ピンピンころりカレーパン」

食べ応えのある煮込み肉、スパイシーさと酸味を兼ね備えたギリシャ風のピクルス、揚げたてでなくても「サクッとした食感」を出せるように、生地にジャガイモを入れて「ニョッキ風」の生地にするなど工夫が詰まったカレーパンです。カレーのスパイシーさとピクルスのマリアージュ。そして、生地の軽さと具材の食べ応えをお楽しみください。

会津美里町から下北沢カレーフェスティバル2019にやってくるのは「ピンピンころりカレー」だけではありません、会津オタネニンジンの非公認キャラクター「おたねくん」もやってきます。

「おたねくん」
「おたねくん」
フリーハグをしてる「おたねくん」
フリーハグをしてる「おたねくん」

なぜ、フリーハグをするのかというと、会津にある抱きつくことで願いが叶うとされる「抱きつき柱」にちなんだもので、10月12日(土)~14日(月・祝)の12時から18時の間に下北沢第二休憩所に「おたねくん」が出没するとのこと。「FREE HUG」パネルを掲げた「おたねくん」に抱きつき願い事を唱えるとご利益があるかも、とのことです。この2枚の写真だけじゃあまりイメージできなかったけど、公式Twitterの写真を見るとなんとも言えないシュールさを発しています。まあ、高麗人参のキャラですからね、、、。

会津産オタネニンジンを使った「ピンピンころりカレー」、ぜひ下北沢カレーフェスティバル2019で味わってくださーい。

その他の『下北沢カレーフェスティバル2019』に関する記事
屋外フードコート企画『ぱくぱくパーク』

『下北沢カレーフェスティバル2019』キービジュアル
『下北沢カレーフェスティバル2019』

『下北沢カレーフェスティバル2019
 カレーって無限に食べれルゥ~!』

開催期間: 2019年10月10日(木)~22日(火祝)
参加店舗: 下北沢の飲食店142店舗
主催: 下北沢カレーフェスティバル2019実行委員会(下北沢商店連合会、I LOVE 下北沢)
後援: 世田谷区、公益財団法人 世田谷区産業振興公社、世田谷まちなか観光交流協会
協力: 小田急電鉄株式会社、アソビシステム株式会社、昭和信用金庫、しもブロ、ぶらり下北沢
問い合わせ: 株式会社アイラブ(03-6804-9710)
https://www.shimokitazawa.info/news/2019/09/curryfes2019/

Source: しもブロ  https://www.shimokitazawa.info/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA